智子の飛行機大好き紀行・時々ホテルに美味しいもの

飛行機大好き、美味しいもの大好きです!

Park Hyatt Vienna(パークハイアット・ウィーン宿泊)

ザッハーは高いので、残念ながら連泊できず(>_<) 違うホテルに引っ越しました。。。

 

 

Park Hyatt Vienna(パークハイアット・ウィーン)

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093229j:plain

元銀行を改装して、2014年オープン

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093258j:plain

新しいのでどこもピカピカ
確かに銀行っぽい

 

でも、なんだろ、、、ゴテゴテキラキラなザッハーの後だと、殺風景に感じます。。。

 

View

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093333j:plain

お部屋は、中庭の見える「View」というカテゴリー

45平米くらいあって、ザッハーより全然広い

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093403j:plain

「View」というお部屋だけあって、大きな窓が2つ

部屋も開放的で明るい

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093431j:plain

ゆったりベッド

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093452j:plain

ベッドサイドに不思議な飾り

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093520j:plain

立派なバーコーナー
ポットもあります

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093540j:plain

ウォークインクローゼットは、スーツケース2つ広げておいてもまだ余裕がありました。

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093617j:plain

広い、バスルーム、シャワーブース

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093658j:plain

新しいだけあって、お湯を貯めるのはボタン一つ全自動でした。

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093716j:plain

相変わらず、トイレの座高は高いです(笑)

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093738j:plain

ローマ帝国時代のテルマエ風?なプールもあり

素敵でした。

 

ちょっと泳いでノンビリしたかったんですが、西洋人の若い子達が占領してて、思い出作り旅行でしょうか?

楽しそうだったので遠慮しちゃいました。

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093758j:plain

朝食会場

 

朝食もザッハーより美味しいかも

種類も豊富でした。

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093830j:plain

卵料理作ってくれるところ

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093855j:plain

ふわふわオムレツ

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093923j:plain

そして、サラダ、葉っぱ系がたくさんありました。

ヨーロッパのホテル朝食って、葉っぱ系少なくないですか?

トマトはあるけど

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926093942j:plain

チーズ

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926094010j:plain

パン種類豊富

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926094054j:plain

レッチェル、美味☆
朝食もザッハーより美味しいかも

 

f:id:tomoko-air-tokyo:20170926094121j:plain

泡ももちろんありました。

 

パークハイアット・ウィーン
部屋の広さ      ★★★
部屋の快適さ    ★★★★★(近代的で快適)
スタッフ        ★★★
コストパフォーマンス ★★(ウィーンはホテル高いですね)

 


近代的でホントにホントに快適なホテル、、、でも、なんだろ、寂しい感じ。。。 接客も、アメリカンなサバサバ

ザッハーは出かけるたび、声かけてくれてたなぁ。。。

 

そうそう、1食ディナーとマッサージ付宿泊プランだったのですが、チェックアウト時ガッツリチャージされてました(笑笑)

ちゃんとチェックしないと危ないですね。

 

後日、パークハイアットのマネージャーからメールが来て、「チェックアウトの際のミスは、大変遺憾であり、通常のハイアットスタンダードとは大きく外れたケース」で、次回お越しの際は、無料でスイートにアップグレードしてくれるとのこと。。。

 

ですが、智子は、ウィーン再訪時には、あんなに狭い部屋でも、高くても、きっとザッハーを選ぶと思います。


ザッハーのザッツヨーロッパな宮殿のような建物、お部屋(狭いけど)、そして、建物とは裏腹、あたたかいフレンドリーな接客、だけど親切丁寧。

これが伝統あるホテルの実力なのですね。勝者ザッハーでございました。